愛媛県高体連バレーボール専門部

TOP PAGE競技日程・結果Download審判関連 過年度の記録

今年度のルール変更について

 令和年度のルールの変更について主なものだけ提示しておきます。詳しくは以下のホームページまたは配布したルールブックを
ご参照ください。

7.全国専門委員長会 報告事項
(1)ルール変更について4月から監督制限ラインがなくなります。
(2)ミカサの新ボールについて、全国で2020年度から公式球として採用されます。
   四国では、2019年度の四国新人大会から採用していきます。
(3)ユニフォームにつけていいのは、都道府県名、学校名、校章、法人名(学園名)のみです。その他のマークを入れることは不可です。
(4)今年度、ドリームマッチの男子コーチを愛媛県から出します。

4 ネットの下からの相手コートへの侵入
11.2.1 相手チームのプレーを妨害しない限り,ネットの下で相手空間に侵入してもよい。 11.2.2 センターラインを越え相手コートに侵入すること:
11.2.2.1 相手コートに侵入している片方の足(両足)の一部がセンターラインに触れているか, センターライン真上の空間にあれば,その足(両足)は
     相手コートに触れてもよい。
11.2.2.2 相手チームのプレーを妨害しない限り,足首より上の身体のどの部分が相手コートに触れてもよい。

 (注) 1 選手が,レシーブのためにネット付近でスライディング等のプレーをした時に,誤って相手コ ートに入ってしまった場合,両足が完全に相手コート上の空間にあったとしても,足が相手コー トに触れておらず,相手のプレーを妨害していなければ,反則とはみなさない。

5 サービスに関する事項
 12.3 サービスの許可 主審は,両チームがプレーする準備ができ,サーバーがボールを持っていることを確認した後に, サービスを許可する。

 4 コート上に5人だけ,または7人の選手がいるときには,サービスのホイッスルの前にコー ト上の選手が 6 人になるように促す。もし,主審がそのことに気づかすにサービスのホイッ スルをした場合,およびラリーが始まったり完了した場合,主審はそのことに気づいたら直 ちに罰則無しにラリーをやり直さなければならない。

  日本バレーボール協会のホームページに
   6人制
  (1) 「令和元年度 指導部の目標と6人制の重点指導項目』
  (2) 「令和元年度 6人制ルールの取り扱いについて
  (3) 「令和元年度 6人制実技マニュアル」
  (4) 「令和元年度 ラインジャッジマニュアル」

  がありますので、参照してください。

   http://www.jva.or.jp/support/referee/clinic.html  ←リンクです。

審判講習会について

後日ご連絡いたします。